川越屋通信Kawagoeya Tushin

川越屋TOP > 川越屋通信 > vol.42

vol.42

今月のラインナップ

   
                1.新型コロナウィルスに関して
                 
              2.千葉産落花生近況について
                  
              3.新商品トピックス

早生種で4月下旬に播種された物は8月中旬より収穫が始まりました。その中で収穫されたものは、さや数は平年並みで小粒傾向になります。 また、水はけの悪い所では一部で腐れが目立ちました。7月の降雨と日照不足の影響と思われます。8月に入り気温湿度共に高い日が続き、褐斑病などが目立ってきましたが、 適時防除にて対応に努めている状況です。

8月に入ってから降雨が無く沿岸部の砂地の圃場では干ばつの影響が出ています。適時散水にて対応に努めていますが、適度な降雨が望まれます。今後は適期収穫し、台風による冠水に注意が必要になります。全体的に播種の早かった畑は平年並みで推移、播種の遅かった畑では7月までの長い梅雨の影響を受け、生育が悪い傾向が見られます。

①新型コロナウィルスについて

②作況状況

③商品トピックス