川越屋通信Kawagoeya Tushin

川越屋TOP > 川越屋通信 > vol.41

vol.41

今月のラインナップ

             1.新型コロナウィルスに関して
                 
              2.千葉産落花生近況について
                  
              3.新商品トピックス

梅雨が明けず曇天と降雨が続き、日照不足と水はけの悪い場所で成長に影響を受けています。 この影響を受けて、実入りの予想としては昨年同様に小粒傾向になると思われます。昨年と違い開花後の花咲きも揃い花数も多く見られます。梅雨明け後の日照と気温の上昇で成長が追い付いてくれればと思います。害虫による 食害も目立ってきました。殺菌剤や殺虫剤を適時散布しています。

株の背丈は例年通り早生種の4月下旬に播種した物で40~50cm程度まで伸びています。 5月中旬までに播種した物は概ね順調に成長しています。 5月下旬から6月にかけて播種した物は7月の日照不足と降雨の影響を受け成長にバラツキがみられます。 作付面積は現状で増減含めて昨年より少しの減少を見込んでいます。 具体的な数値は秋ごろに千葉県の集計により出てくる見通しです。

次号予定は

①新型コロナウィルスについて

②作況状況

③商品トピックス