川越屋通信Kawagoeya Tushin

川越屋TOP > 川越屋通信 > vol.39

vol.39

今月のラインナップ

1.新型コロナウィルスに関して                 
2.千葉産落花生近況について
3.新商品トピックス

千葉県産落花生の播種の開始時期については例年並みです。

早生種(ナカテユタカ)で早い所は4月下旬より始まり、一般的には5月上旬から始まっています。千葉半立種は5月中旬頃より順次始まっています。 通常の5月上旬に播種したものは概ね順調に発芽しています。5月16日頃から23日まで雨天が続き、その間の作業が出来ず下旬にずれ込んでいます。5月の気温は中旬の雨天の影響で気温も低く若干生育が遅れているように感じます。

弊社取引農家の聞き取りのなかではありますが、高齢化の影響や前年の不作や台風害を受けて、農業自体の廃業や作付を減らす所が例年より多く感じます。

その中で、近年の安定相場を受けて作付を増やす農家や新規に落花生を作る農家も見られます。増減をふまえて去年より減少すると思われます。

今月号も新コロナウィルス緊急報告です。
日本国安倍首相より緊急事態宣言が解除され各都市における休業要請や行動自粛が解除されております。これに伴って人々の行動が徐々に変化し増えています。しかしながら新型コロナウィルスが無くなった訳ではなく少なからず感染者がいる事も事実です。

弊社においては引き続き本社・工場の更なる消毒強化(事務所内外の明確な区別)、又社員全員の出社時の毎朝の体温チェックを継続的に行い新型コロナウィルス対策を行っております。工場も引き続き安定生産しておりますので焦らずご発注下さいます様宜しくお願い致します。

弊社においても家呑み需要、オンライン飲み会等でおつまみ等も好調です!弊社もバリエーション豊かに商品取り揃えておりますので詳細は各担当まで!
①新型コロナウィルスについて

②商品トピックス

③今後の状況について